スポーティなファッションが好きな女性なら取り入れたいキャップ

CAP

大人女子でもキャップを取り入れたい

ちょっと前までは、キャップと言えば男性か若者のかぶるもの、というイメージでした。スポーティーでカジュアルな印象が強く、フェミニンな格好が好きな女性や大人の女性は普段のお洒落にキャップを取り入れることはほとんどありませんでしたよね。でも、ミックスコーデ全盛の今ではすっかりそんなイメージも変わっています。ミックスコーデとは、一見テイストの違うアイテムを組み合わせること。
フェミニンなアイテムにボーイッシュなアイテムを合わせたり、カジュアルなアイテムにきちんと感のあるアイテムを合わせたりすることで、アイテム同士違った側面を引き出し、着こなしにこなれ感が出ます。例えば、花柄のロングワンピース。一昔前ならヒールパンプスにつば広帽を合わせて、徹底的にフェミニンコーデにするのが主流でした。でも、今ならハイカットスニーカーにキャップを合わせて着崩すようなスタイルが断然お洒落なんです。
ジャケットにテーパードパンツ、足元はローファーを合わせたきちんと感のあるコーデにも、キャップをかぶればたちまち遊びが加わりお洒落上級者の着こなしになります。こんなキャップの取り入れ方なら、大人女子でも是非真似したいですよね。シンプルなデザインで落ち着きのあるベーシックカラーなら、合わせやすく大人女子におすすめです。

帽子の歴史とキャップの選び方

一般的に帽子のなかで「つば」のついていないものは、キャップと呼ばれています。元々、帽子は海外から輸入されたものでした。当時は、暑さや寒さを防ぐための実用性を中心として作られていましたが、今ではファッションの一部として必要不可欠なアイテムになっています。
日本で初めに作られていた時は、帽子の全体に日差しよけの「つば」がついたものが作られていましたが、帽子の全体部分ではなく前の部分だけ「つば」をつけて作られたものが、現在の「キャップ」です。現在のキャップは様々な素材で作られており、デザインも豊富にあるため、自分の趣味に合ったものを選ぶことができます。その半面、種類が多すぎで自分に合ったキャップを選ぶのに迷う人も多いのではないでしょうか。
自分の顔立ちやヘアスタイル、服装に合うキャップを購入するためには、何を基準に選んだらいいのでしょうか。人の顔立ちには丸顔や面長などがありますが、丸顔の人にはベースボールキャップなどのトップが高く見えるキャップがおすすめです。逆に面長の人は、トップの高さが低いキャップをかぶるほうが顔立ちとのバランスがとれます。顔立ちに合うキャップを選ぶことで、自分の魅力を引き出すことができます。

女性にキャップをオススメする理由

日常生活に帽子を取り入れている人はどのくらいいるでしょうか。ないとものすごく不自由するというものではないため、帽子はかぶらないという人が多いのではないでしょうか。でも、帽子を活用するとちょっぴり快適になりますよ。特に女性にはお勧めします。中でもイチオシはキャップです。女性にキャップをオススメする理由としては、まず、顔の日焼け防止に役立つということです。
紫外線はお肌の大敵です。かといって、大きな帽子をすっぽり被ってしまうと、視界が狭くなってしまいますし、周囲にも暗い印象を与えてしまいます。でも、キャップならそんなことはありません。日差しをカットしつつもツバで横の視界を遮ることもないですし、キャップスタイルの女性は、明るくて活発なイメージを与えてくれます。女性にキャップをオススメするもう1つの理由は、被りやすいことです。
髪を1つに束ねていると、麦わら帽子やツバの大きい帽子は髪にぶつかって被れないんですよね。でも、キャップなら後ろの穴に束ねた髪を通すことで、髪型を崩さずに被ることができます。キャップが風で飛ばされにくくなるので一石二鳥なんです。ポニーテールにキャップのスタイルは、スポーティーでとてもおしゃれですよ。よかったら、キャップを日常生活に気軽に取り入れてみてくださいね。

イチオシ記事

頬杖をつく女性

フェスで役立ったキャップ

私は音楽が好きで、夏場になると頻繁に音楽フェスに行きます。夏ですので水分補給はもちろん、日光の対策もしていかないと、熱中症になってしまいます。私は夏場の暑い時期以外でもキャップはかぶっていますが、フェスの際にももち…